MENU
\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

ミニマリストの寝室のこだわり!1日の疲れを癒す快適空間へ– 2024/5/10更新 –


かめすけ

よろかめ~!


ミニマリストのかめすけです。

今回は部屋の寝室をご紹介します!

賃貸の1K25m²に一人で暮らしています。

キッチンは3畳で、リビングは8畳です。


お風呂とキッチンは別々です。

(当たり前やないかい!)

あっ、間違えました。

お風呂とトイレは別々です。

部屋全体のレイアウトは以下のようになっています。


【部屋のレイアウト】

部屋のレイアウト


それでは、寝室のルームツアーをしていきます。


【この記事はこんな人におすすめ】

・一人暮らしのミニマリストの寝室が見たい
・どんな寝具を使っているのか知りたい
・寝室に置いているモノが知りたい


【関連記事】


【本記事の信頼性】

プロフィール画像

\  フォローよろかめ~ /

・ミニマリスト(2019年デビュー)


・収益月4桁(ブログ歴2年)


・企業案件(PR):8件


・Twitterのフォロワー:3700人

目次

ミニマリストの寝室のコンセプト

寝室のコンセプトは以下の3つを意識しています。

・余計なモノは置かない
・睡眠の質を高めるモノを選ぶ
・カラーは1色で統一する

余計なモノは置かない

汚部屋

寝室のコンセプトですが、余計なモノは置かないのがポイントです。

クッションや抱き枕とかも置いていた時期もありましたが、必ず毎日使うモノではなかったので、手放しました。

毎日使うモノを厳選して置くようにしました。

寝ることに集中するために、モノはなるべく少なくなるように意識しています。

余計なモノは置かないのが大切です。


かめすけ

よく使うモノを置けばいいんだね。

睡眠の質を高めるモノを選ぶ

ベッド

続いては、睡眠の質を高めるモノを選ぶことです。

1日のうち、1/3は睡眠に時間を使っているため、寝具にはこだわりました。

ベッドと枕はなるべく眠りやすいモノを選ぶようにしています。

コンフォート原則の「毎日長時間使うものにお金をかけることで、日々の満足感をより高める」を意識しました。

値段は少々しますが、睡眠の質を少しでも上げるモノを選ぶのがポイントです。


かめすけ

気持ち良く寝れるモノがいいんだね。

カラーは1色で統一する

カラーテレビ

カラーは1色で統一することです。

体を休める場所なので、カラフルにして刺激を強めにしても、あまり意味がないと思ったからです。

落ち着いた空間にすることで、睡眠も高められると思います。

自分はグレーで統一するようにしました。

カラーをバシッと決めると寝室もバシッと決まります。


かめすけ

自分のお好みのカラーを選ぶといいね!


ミニマリストの寝室に置いているモノ

ミニマリストの寝室に置いているモノをご紹介します!

ミニマリストとしては、まだまだですが、以前よりはモノの数を減らせています。

睡眠を快適にするためのモノを置くようにしました。

ベッド


ミニマリストの寝室に置いているモノの1つ目はベッドです。

布団を試したことがあるのですが、やっぱりベッドの方が目覚めも良かったので、ベッド派です。

メーカーはコアラマットレスです。

サイズはセミダブルです。

広く使いたいので、大きめにしました。

2年程使っています。

とても分厚いので、快適な寝心地です。



かめすけ

ベッドは一点豪華主義で、こだわりました。



枕です。

ミニマリストさんの中には、枕のかわりにタオルを使っている方もいらっしゃいますが、寝心地重視のため枕派です。

メーカーはブレインスリープです。


「脳を冷やして 、速く 、深く眠る」をテーマに、快適な睡眠環境を作ってくれるそうです。

個人的に1番良かった点は、シャワーで丸っと水洗いできることです。

月に1度、定期的に洗って清潔に保つことができています。

枕カバーは週に1回洗っています。


色々な枕を試しましたが、ブレインスリープはフィット感があり、眠りにつきやすく気に入っています。

なぜ、枕カバーの色はグレーではなく、ネイビーなのかというと当時はネイビーしか売っていなかったからです。

公式ページを確認してみると、新色でグレーが登場していました。

なんですと。。。

欲しいけど、いいお値段します。



かめすけ

枕も一点豪華主義で、こだわりました。


シーツ


シーツです。

シーツはニトリです。

お値段以上、ニトリ~♪♪

基本的には、シーツや掛け布団、敷き布団などはニトリ製を愛用しています。


かめすけ

ニトリで統一しています。


目覚まし時計


目覚まし時計です。

正確にいうと、光目覚まし時計です。

アラームの30分前から、光始めます。

段々と光が強くなっていき、アラームが鳴る時にピカーっと光がMAXになります。

そのため、アラームが鳴る前に起きることができます!


音の目覚まし時計よりも、スッキリ快適に起きることができます

疲れているとアラームが鳴るまで起きれません。。。

災害用にも優れていて、充電式なので、最大64時間点灯します。


かめすけ

光で起きると目覚めがスッキリ!


ライト


ライトです。

災害用に置いています。

停電した時などの非常用です。

充電器


スマホの充電器です。

コードが長く1.8mあります。

ベッドの上で充電しながら、寝ころんで反対を向いても届く長さのモノを購入しました。

長いので、わざわざ充電器を外す必要がないので便利です。

面倒くさがり屋には、もってこいの充電器です。


かめすけ

長いは正義。


電子書籍


電子書籍です。

家にいる時には、寝る前に読みます。

そのため、ベッドの近くに置いています。

スマホとは違い、ブルーライトカットされているので、読書には最適な端末です。


かめすけ

目に優しんだね!



ミニマリストの寝室のまとめ

【部屋のレイアウト】

部屋のレイアウト


【寝室のコンセプト】

・余計なモノは置かない
・睡眠の質を高めるモノを選ぶ
・カラーは1色で統一する


今回は部屋の寝室をご紹介しました。

毎日、寝るための空間なので、快適な寝室をキープしたいですよね。

疲れがしっかりと取れる環境にするのが大事です!

体に合う・合わないを見極めるために、自分の基準やこだわりを持つといいかもしれません。

今回ご紹介した内容を参考にしてみて下さい。


ミニマリストのルームツアーの記事も参考にしてみて下さい。



以上、「ミニマリストの寝室のこだわり!1日の疲れを癒す快適空間へ」でした。


かめすけ

ばいちゃ~!