MENU
\ ポイント最大11倍! /詳細を見る

ミニマリストが観葉植物を置く理由は?メリットとデメリットを解説!– 2024/5/10更新 –

観葉植物のパキラ


かめすけ

よろかめ~!


ミニマリストのかめすけです。

今回は部屋の観葉植物をご紹介します!

賃貸の1K25m²に一人で暮らしています。

キッチンは3畳で、リビングは8畳です。


お風呂とキッチンは別々です。

(当たり前やないかい!)

あっ、間違えました。

お風呂とトイレは別々です。

部屋全体のレイアウトは以下のようになっています。


【部屋のレイアウト】

部屋のレイアウト


観葉植物のパキラはベッドのそばに置いています。

それでは、観葉植物のルームツアーをしていきます。


【この記事はこんな人におすすめ】

・観葉植物を置いている理由が知りたい
・一人暮らしのミニマリストの観葉植物が見たい


【関連記事】


【本記事の信頼性】

プロフィール画像

\  フォローよろかめ~ /

・ミニマリスト(2019年デビュー)


・収益月4桁(ブログ歴2年)


・企業案件(PR):8件


・Twitterのフォロワー:3700人

目次

観葉植物を置くデメリット

水やりが手間

デメリットの1つ目が、水やりが手間なことです。

定期的に水やりをするのが面倒で、この前いつ水をあげたっけ!?というのがたまにあります。

水のやりすぎもダメです。

やりすぎると、腐ってしまい枯れてしまう可能性があります。

土が乾いてから水をあげて下さい。

手間もありますが、植物の成長を感じながら、水やりするのは楽しいです。


やりすぎ防止には、水やりチェッカーがおすすめです。

水分があるときは水色になり、ないときは白色になります。


水分あり(水色)

水やりチェッカー

水分なし(白色)

水やりチェッカー


植え替えが手間

植え替えが手間なことです。

1年~2年ごとに1回、植え替えが必要です。

土を新しくしたり、鉢のサイズアップなどの生育環境のリセットをしなければいけません。

きちんと育てていくためには重要なことです。


観葉植物を置くメリット

部屋がおしゃれになる

リビング


メリットの1つ目が、ワンポイントとして、観葉植物を置くと、部屋がおしゃれになります。

あるのとないのでは雰囲気が変わります。

インテリアとしても効果的で、部屋をおしゃれにしたい方におすすめです。

空気がきれいになる

空気がきれいになることです。

ベッドのすぐそばに置いており、新鮮な空気を味わえている気がします。笑

パキラを購入する前は空気清浄機を持っていましたが、水を補充したり、掃除したりと手間でした。

空気清浄機の代わりに観葉植物を置きました。

水の補充や掃除という手間も減って、快適に過ごせています。

気分転換になる

観葉植物のパキラ


気分転換になります。

家でゆっくりしているときに、視界に入るとリラックスできます。

ブログなどの作業で悩んだり、行き詰まったりしたときに、眺めたりすることで気分転換できます。

成長するのも楽しみで、水やりも、わくわくしながら育てています。


育てやすい観葉植物

おすすめの観葉植物はパキラです。

パキラを枯らさず4年以上育てられているので、パキラがおすすめです。笑


非常に育てやすいのが特徴です。

暑さや寒さに強く、乾燥にも強いです。

直接日光が当たったり、日陰でも元気に育つので、置き場所に困ることもありません。

サイズも小さいのから大きいのまで様々あります。

水やりと植え替えくらいで十分なので、面倒くさがり屋には最適な植物です。


「彩植健美」というお店で、ネット注文で購入しました。


ミニマリストの観葉植物のまとめ

今回は観葉植物のメリットとデメリットをご紹介しました。

1番のメリットとしては、部屋がおしゃれになることです。

あるのとないのでは、一味違う雰囲気になります。

特にパキラは面倒くさがり屋でも育てることができているのでおすすめです。

部屋のワンポイントとして、観葉植物を置いてみてはいかがでしょうか。

参考にしていただけると、嬉しいです。


ミニマリストのルームツアーの記事も参考にしてみて下さい。



以上、「ミニマリストが観葉植物を置く理由は?メリットとデメリットを解説!」でした。


かめすけ

ばいちゃ~!


リビング