青森県十和田市の十和田サウナ~キャンプレビューブログ~

 

2022年からサウナに行き始め、本格的に、はまり始めました。

多いときは、週9回(平日夜5回+土日朝夜4回)行ってたこともあります。

 

多いですね。

行き過ぎです。

回数がえぐいよ。

ととのい過ぎです。

そんなにひまなんか。

でも、やめらないんよ。

これからも通い続けます。

 

さて、今回は「キャンプ×サウナ」ができる青森県十和田市へ行ってきました。

それが「十和田サウナ」です。

今回はこちらのサウナをご紹介します。

 

この記事は後編となっています。

前編のキャンプの記事を先に見ていただけるとスムーズかと思います。

 

関連記事

 大学時代、アウトドアサークルというサークルに入っていました。月1回、キャンプ活動していました。社会人になってからはキャンプをしてこなかったのですが、ここ最近再開して、キャンプに行くようにな[…]

 

青森県の十和田サウナについて

 

場所

青森県十和田市奥瀬十和田湖畔宇樽部
宇樽部キャンプ場内

 

料金

22000円

1~4人までの貸切料金

 

5人以上の場合は1人ごとに、5500円追加でかかります。

定員は6人までです。

 

また、土、日、祝日は24000円の+2000円アップになります。

1人追加は6000円で+500円アップになります。

 

今回は平日に2人で行ったので、22000円でした。

1人あたり11000円です。

 

人数が多い方がお得ですね。

例えば、平日に4人~6人で行けば、1人当たり5500円です。

 

営業時間

9:00~11:00

12:00~14:00

15:00~17:00

 

1日限定3組です。

2時間完全貸切制です。

集合時間は15分前です。

 

無料貸出

スモールバスタオル

サンダル

バスローブ

ミネラルウォーター

 

必須持ち物

水着 or サウナ着

 

裸ではサウナに入ることはできません。

周りにキャンパーの方がちらほら、いらっしゃいました。

 

青森県の十和田サウナの特徴

十和田湖の目の前にサウナが置かれています。

 

これが「バレルサウナ」です。

バレルサウナとは、サウナの発祥地フィンランドに古くから伝わる

樽型の形状をしたサウナルームのことです。

円形の形状により熱を均一に保つことに優れています。

ロウリュ時の熱が効率的に室内に循環することから、

より快適にサウナを楽しむことができます。

 

※ ロウリュ・・・フィンランドの入浴法ことです。

熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させることにより、

体感温度を上げて発汗作用を促進する効果があります。

 

本日のしおり

前半のキャンプの記事にもありましたが、

旅のしおり的なやつです。

 

テントの片付け

ここからが、前半のキャンプの記事の続きとなります。

1泊2日の2日目です。

前半は朝食までで、その後、テントの片付けを行いました。

9時からサウナ開始のため、少し急いで片付けました。

 

準備

キャンプ当日まで、サウナの具体的な場所が分からなかったのですが、

キャンプ場の敷地内と同じ場所にサウナがあることを知りました。

テントサイトとサウナまで徒歩10秒ちょっとでした。

 

車で数分程度、移動しなければならないと思っていましたが、

数秒でサウナ専用駐車場に到着しましたw

車3台まで止めれます。

 

その駐車場で水着に着替えて、臨戦態勢に入りました。

今回のメインイベントのため、気持ちがだいぶ高まります。

ものすごく、楽しみにしていました。

ドキドキ、ワクワク。

 

いよいよ青森の十和田サウナへ

管理人さんが、既に準備してくれてました。

挨拶をして、説明を受けます。

優しそうなお兄さんでした。

扉の中へ入ります。

 

サウナの前室です。

 

荷物を入れるかごが用意されています。

ここで着替えることができます。

 

サウナの熱源部分です。

ここから管理人の方が薪を投入し、温度調節をしてくれてました。

今回は、高めの温度設定をお願いし、サウナ室内は110℃~120℃でした。

 

十和田サウナのグッズが宣伝されていました。

欲しい衝動を我慢し、今回は買いませんでした。

 

さあ、いよいよです。

この扉の向こうが本体です。

いざ、参る。

 

うおーーー、熱い。。

なんと、既に110℃ありました。

いつもの銭湯のサウナの温度は、だいたい90℃くらいです。

はるかに高い。

こんな高い温度のサウナに入ったのは初めてです。

 

窓からの眺めも良かったです。

セルフロウリュができ、さらに10℃上がり、120℃まで限界突破しました。

汗がはんぱなく、止まりません。

お気に入りの今治のタオルで汗を何度も拭います。

「MOKU」という名前のタオルで今治製です。

薄くて軽くて少し長いです。

ととのうために作られた最適なタオルです!

 

 

また、サウナハットも今治で統一しています。

ポケットが付いており、鍵等が入れられて便利です。

手首の部分に鍵が当たって、あっつううう、ってなりません。

 

 

サウナマットも安定の今治です。

 

 

いつもは10分前後、サウナに入っているのですが、熱くて10分ももちませんでした。

限界がきたため、水風呂へ。

 

 

 

くぅー、冷たーーーい。

100人以上は余裕で入れる水風呂です。

いや、十和田湖です。

そうなんです。

湖が水風呂になっているんです!!

2022年6月ということで、おそらく水の温度は12,13℃くらいだと思います。

20~30秒も入っていると、手足がしびれてきました。

すぐに上がります。

 

「ととのう」ための最適なサウナチェアです。

 

 

 

 

最高。

 

 

 

 

 

マイナスイオン全開の、こんな素晴らしい景色の中での外気浴。

ととのわない訳がありません。

この後、+4セット行い、計5回ととのいました~。

ありがとうございます!!

 

前室で着替えて駐車場へ戻りました。

 

温泉

 

サウナの後は、やっぱり温泉に入りたいということで、

当初のホテルポニー温泉から変更し、「酸ヶ湯温泉」に入りに行きました。

キャンプ場から1時間かからないくらいで、到着しました。

酸ヶ湯は青森県青森市にある有名な豪雪地帯です。

 

入浴料はタオル付きで、1000円でした。

少し高めですね。

 

 

今回は、ヒバ千人風呂(混浴)ではなく、玉の湯の方に入りました。

平日ということもあり、先客が1名と、途中で1名入って来られ、ほとんど貸切状態でした。

少し熱めの温度の温泉で、白濁でした。

きれいさっぱりしました。

 

お風呂後は、やっぱり「びんのコーヒー牛乳」ですよね。

君に決めた!

 

さあ、飲もうかな。

どこに売っているのやら。

あれ。

えっ。

コーヒー牛乳は、どこかしら。

もしや。

まさか。

売ってない。。

なんだって。。。

 

テンションだだ下がりました。

ピッ、ピーーー!

減点です!ww

コーヒー牛乳は置いておいてよーーー。

しゃーなく、ポカリを飲みました。

 

サウナ飯

 

本日、最後のイベントです。

サウナの後は、やっぱり、がっつりご飯が食べたいということで、大学時代に行きつけだった

「そべーぴ(SOBE-PI)」に行ってきました。

青森県十和田市にあるお店です。

 

ここのチャーシュー丼」がマジでうまいんです。

大盛にしました。+30円の破格で大盛にできるので。

約3年ぶりのご対面です。

 

安定の美味しさでした。

お肉がほろほろしてて、マジで美味いんです。

ごちそうさま。

また来るよ。

 

青森県の十和田サウナのブログまとめ

今回は、青森県十和田市にある「十和田サウナ」をご紹介しました。

キャンプ場の敷地内にサウナがあり、サウナの目の間には大きな水風呂、十和田湖がありました。

 

天気も良く、マイナスイオン全開で、心も体も癒されました~。

サウナのお値段は高かったのですが、それ以上の価値で、いい経験ができました。

サウナ以外にも、温泉やサウナ飯を紹介しました。

ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

また、この記事は後編となっています。

前編のキャンプの記事もあわせて見ていただけると嬉しいです。

 

関連記事

 大学時代、アウトドアサークルというサークルに入っていました。月1回、キャンプ活動していました。社会人になってからはキャンプをしてこなかったのですが、ここ最近再開して、キャンプに行くようにな[…]

 

以上、「青森県十和田市の十和田サウナ~キャンプレビューブログ~」でした。

 

 

最新情報をチェックしよう!