ミニマリストおすすめの一人暮らしに最適なゴミ箱を紹介!

 

ミニマリストおすすめの一人暮らしに最適なゴミ箱をご紹介します。

 

キッチンのゴミ箱の置き場所って迷いませんか?

スペースが少ないキッチン周りだと、どこに置いたら良いのか迷ってしまいますよね。

あまりスペースを取らず、さらに簡単に移動できるゴミ箱があるんです。

 

今回、おすすめするのは山崎実業の「ゴミ袋ホルダー」です!

キッチンでゴミ袋がそのままゴミ箱になる商品なんです。

また、置き場所に困ることもなくなるんです。

 

山崎実業の商品が好きで、他にも様々な商品を使って生活しています。

ということで今回は、こちらの便利な商品を紹介していきます!

 

 

ミニマリストおすすめの一人暮らしに最適なゴミ箱を使用してみての感想

 

キッチンの置き場所に困らない

シンプルかつ、スリムなデザインのため、キッチンのどこに置いても馴染むことができます。

わずかなスペースに置くことができるので、キッチンの置く場所に困りません。

ゴミ袋を床に直置きしていて、見た目も良くなかったですが、購入後はすっきりとしました。

 

 

移動が簡単にできる

ゴミ袋ホルダーの重さもそんなにないので、簡単に移動することができます。

とても軽くて丈夫でした。

置く場所を変更したい時には、いつでも簡単に移動が可能です。

ゴミがない時は、インテリアとして、そのまま置いておいても目立ちません。

 

ゴミ袋の取り付けが楽

フレームにゴミ袋を掛けてフタを被せるだけで、ゴミ箱の完成です。

10秒もかからずに、簡単に取り付けることができます。

ゴミ袋を取り付けるのは楽ですが、取り外しも簡単にできました。

 

また、一般的なゴミ箱ですと、上に引き上げてゴミ袋を取り出す必要がありますが、

こちらのゴミ袋ホルダーであれば、横から簡単に引き抜くことができます。

 

臭いにくい

フタが付いているため、臭いにくいです。

今までは直置きで、かつ、フタもなかったため、目の前を通る度に臭っていました。

ゴミ袋ホルダーを購入してからは、臭いが気にならなくなりました。

臭わないって快適ですね。

もっと早く購入すれば良かったと思っています。

 

スリムなデザイン

シンプルでスリムなデザインのため生活感がでません。

どこに置いても目立ちにくいです。

カラーは2種類で、黒と白があります。

また、今回購入したのは、フタが横に開くタイプのゴミ袋ホルダーでしたが、縦に開くタイプの物もあります。

 

ミニマリストおすすめの一人暮らしに最適なゴミ箱のデメリット

デメリットとして、少しフタが取りにくいと感じました。

フタが取りにくいので、少しコツがいります。

足で下のフレームを抑えながらフタを取ると、取りやすいです。

 

また、ゴミ袋の取り換えが楽な分、袋が丸見えのため、見えにくい場所に置くなど少し工夫が必要です。

 

ミニマリストおすすめの一人暮らしに最適なゴミ箱の特徴について

ゴミ袋ホルダーのサイズですが、

幅22cm×奥行き34cm×高さ56cmです。

フタを開いた時の高さは77cmです。

重さ約1.3kgです。

 

組み立ても簡単で、10分かからずに組み立てることができました。

ネジが以外と長かったため、インパクトドライバーを使用しました。

インパクトドライバーがあると便利です。

ちなみに、マキタのインパクトドライバーです。

 

 

ミニマリストおすすめの一人暮らしに最適なゴミ箱のまとめ

  • 置き場所に困らない
  • 移動が簡単にできる
  • ゴミ袋の取り付けが楽

 

今回は山崎実業の「ゴミ袋ホルダー」を紹介しました。

購入して良かった1番の点は、

置き場所に困らなくなったことです。

購入する前は、どこに設置すれば良いか分からず、

場所を決めることができていませんでした。

 

また、ゴミ袋を床に直置きしていて、見た目も良くなかったですが、購入後はすっきりとしました。

ゴミ箱の置き場所で迷っている方や、まだゴミ箱がない方にとっては便利なアイテムなので、

購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

山崎実業の商品は、これ以外にも様々な便利な物があるので、

興味のある方は以下の記事も参考にしてみて下さい。

 

関連記事

 シンプルなデザインで統一されている山崎実業の便利なグッズ。リビングやキッチン、さらにはバスルームなど様々な場所で使えるアイテムが豊富に揃っています。モノトーンでおしゃれなアイテムも多く、インテリア[…]

 

以上、「ミニマリストおすすめの一人暮らしに最適なゴミ箱を紹介!」でした。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!